動物

ペット用品の選び方|種類によって違いがある

やすらかな最後に

ペットのお墓

旅立ちの時に際して行う事

日本では昔から犬や猫を飼い、犬は番犬や使役犬として、猫はねずみとりなどの仕事をすることで人間と共存してきました。現代の日本ではペットブームとなり、愛玩目的で犬や猫を飼う人がほとんどです。家族の一員として大切に飼われ、犬や猫の便利グッズやかわいらしい洋服などもペットショップに多数売られています。しかし、ペットはどうしても人間よりも寿命が短いため、飼い主より先に天国へ召されることが多いものです。一昔前の日本では、ペットが死ぬと庭先に穴を掘って埋葬することも多く行われてきましたが、近年ではペット葬儀屋という業種もあり、ペットが亡くなるとペット葬儀屋へ依頼して火葬を行い、ペット葬儀を執り行う家庭が増えています。

亡くなったら行うこと

ペットが亡くなると悲しみが襲い、冷静ではいられなくなる人が多いことでしょう。しかし、ペット葬儀屋が来るまでの間にやっておくべきことが多数あります。ペットが天国へと旅立って、飼い主が落ち着いたら、できるだけ涼しい場所へ遺体を移しましょう。その際、きれいなタオルやお気に入りのマットなどがあればそちらへ寝かせます。遺体は硬直が始まってしまうので、寝かせた後に首や足の向きを整え、目が開いていれば閉じてあげましょう。排泄物が出てくる場合もありますので、しばらくはペットシーツなどをあてておくことも大切です。夏場などは特に遺体を冷やすことが重要です。ペットボトルを凍らせたものや、ドライアイス・保冷剤などがあれば遺体へ添えておきます。